KPG 関西パフィオペディラム同好会・会則


KPG会則(2013年2月10日改訂)

・第一条・会名

本会は「関西パフィオペディラム同好会」Kansai Paphiopedilum Guild、(略称・KPG)と称し、本部を関西におく。

 

・第二条・目的

本会はパフィオペディラム(以後、パフィオと云う)の愛好者で組織し、会員相互の親睦、パフィオの普及、知識・感覚の進歩、向上を図ることを目的とする。

 

・第三条・事業

本会は目的達成のため以下の事業を行う。

1.例会の開催 2.パフィオの栽培の研究・調査・指導 3.パフィオの展示、品評会(審査・人気投票の実施)、研究会の開催 4.審査優良花・最高人気花の年度賞の設定と表彰 5.その他、目的遂行のため必要な事業

 

・第四条・会員、会費

本会の会員になるには申込書を提出し委員会の承認を得る。会費は毎年3月にその年の年会費を前納する。各例会時には例会費として都度案内し会場で徴収する。新たに入会する場合は別に定める入会金を納付するものとする。

既納の会費及び入会金は一切返還しない。但し家族会員の年会費・入会金は以下の()内とする。

1.年会費は2.500円とする(家族会員は1.000円) 2.入会金は5.000円(家族会員は無料)、会費未納及び音信不通の場合は委員会に於いて除名を決めることが出来る。

 

・第五条・顧問

本会に顧問を置くことが出来る。顧問は蘭科植物(特にパフィオ)についての学識・経験豊かで本会に功績の有った者(あると予想される物も含む)の中から、委員会の推薦により総会の承認を得て会長が委嘱する。

 

・第六条・委員

本会に若干名の委員を置き、会の運営に当たる。委員は総会で選出し任期は3年とする、但し重任はさまたげない。委員は委員の互選により・会長1名・副会長3名・庶務会計1名・会計監査1名・審査委員長1名

審査委員若干名を決める。会長は本会を代表し会務を総覧する。副会長は会長を補佐し、会長に差支えある時はその代理をする。審査委員は委員会の推薦により総会の承認を得る。審査委員は審査に関する事項を担当する。

 

・第七条・会議

定時総会は毎年2月に開催し、臨時総会は委員会が必要と認めた時、会長がこれを招集する。定時総会に付議すべき事項は、1.前年度事業内容及び収支決算の報告・承認 2.本年度事業計画案及び予算案の提案・承認

3.会則変更の提案・承認 4.常任委員・役員の選出・承認 5.年度賞の発表と表彰 6.その他の重要なる会務の提案・承認

 

・第八条・総会の決議

総会の決議は出席会員の過半数を得て決定し、可否同数の場合は議長がこれを決定する。委員会の決議もこれに準ずる。

 

・第九条・会議の議長

全ての会議の議長は会長がこれに当たり、会長に事故がある場合は副会長が代理する。会長及び副会長共に事故ある場合は他の委員が代理する。

 

・第十条・経理

本会の会計年度は定時総会の日から次の定時総会の前日までとする。但し事務処理の関係で、会計決算は1月1日から翌年の12月31日までとする。本会の運営は、会費・入会金・寄付金及び、その他の収入による。

 

・第十一条・決議

各条項以外の事項は総て委員会により決定する。総会での決定事項はこれに優先する。

 

・第十二条・事務所

事務所は次の所に置く。〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見3-9-11 高井義広 方 TEL.06-6911-4151

KPG関西パフィオペディラム同好会